友人の引越しを手伝った体験談

私は現在30代の男性です。宮城県に住んでいます。 去年のことになりますが、仕事の同僚であった友人の家族が、 友人の実家である北海道へ帰ることになりました。 理由は、親の世話をする必要が生じたためです。長年、同僚として同じ職場で働いてきたので、私としてはとても寂しい思いがありました。 宮城県から方位でいうと北にある北海道への引越しです。季節は一番寒い2月でした。

当初、友人は引越し業者から見積もりをとって、業者に頼んで引越しを行うことにしていました。 しかし、海を越えると一気に引越し料金も高くなり、 自分でトラックを借りて行うか迷っていました。 ちょうど、私は友人のためになにか手伝いたいという思いと、 北海道へ行ったことがなかったので、行ってみたいという思いがあり、 友人に手伝うことを申し込みました。

その結果、宮城県で2tのトラック(箱車)を借りて、フェリーで北海道まで渡り、 引越しすることにしました。友人の実家は北海道の室蘭というところでしたので、 フェリーターミナルがある苫小牧から約1時間半ほどで着きます。

引越し当日、宮城県は天気がとても良かったのですが、北海道へ渡ると吹雪いており、 少し緊張してトラックの運転をしました。友人は親と同居するので、 宮城県で荷物をだいぶ処分し、それほど物はなかったため、人手は私ともう一人の同僚と友人の家族だけで十分でした。 引越しは予定通り無事に終わり、それから北海道の観光をちょっとして、 私は宮城県へ帰りました。 https://www.sou-un.jp/