便秘と腸内環境の関係

便秘は腸内環境の悪化を示すサインです。

腸内環境が悪化すると便秘や下痢などの便通異常を引き起こすことにもなります。

さらに、腸内環境が乱れるということは発がんのリスクを高めることにもなります。

腸内環境の鍵を握っているのは胃や小腸、大腸の中にある腸内細菌です。

この腸内細菌は、消化管の中においても生き続けることができる特殊な菌です。

腸内細菌は消化液にも負けることなく、 人間が摂取した食物や腸管の分泌液などを栄養源として生き延びるのです。

また腸内細菌は消化管の壁に定着して、侵入した病原菌や有害菌の繁殖を防ぎ、 感染から体を守るといわれています。

腸内細菌が生み出す酸によって腸内が弱酸性に保たれ、病原菌の増殖を防ぐのです。

特に便秘と腸内細菌とのかかわりで重要になるのが、蠕動運動の活性化です。

この腸内細菌には体にとって有益なはたらきをする善玉菌と悪さをする悪玉菌とがあり、 理想の腸内環境は善玉菌が優勢であることがポイントになります。

ただし、便秘をしていると悪玉菌が優勢となり、便がでにくくなるのです。
http://www.jitensha-repair.com/zendamakin/