便秘と腸内環境の関係

便秘は腸内環境の悪化を示すサインです。

腸内環境が悪化すると便秘や下痢などの便通異常を引き起こすことにもなります。

さらに、腸内環境が乱れるということは発がんのリスクを高めることにもなります。

腸内環境の鍵を握っているのは胃や小腸、大腸の中にある腸内細菌です。

この腸内細菌は、消化管の中においても生き続けることができる特殊な菌です。

腸内細菌は消化液にも負けることなく、 人間が摂取した食物や腸管の分泌液などを栄養源として生き延びるのです。

また腸内細菌は消化管の壁に定着して、侵入した病原菌や有害菌の繁殖を防ぎ、 感染から体を守るといわれています。

腸内細菌が生み出す酸によって腸内が弱酸性に保たれ、病原菌の増殖を防ぐのです。

特に便秘と腸内細菌とのかかわりで重要になるのが、蠕動運動の活性化です。

この腸内細菌には体にとって有益なはたらきをする善玉菌と悪さをする悪玉菌とがあり、 理想の腸内環境は善玉菌が優勢であることがポイントになります。

ただし、便秘をしていると悪玉菌が優勢となり、便がでにくくなるのです。
http://www.jitensha-repair.com/zendamakin/

ペットのクロと過ごした、大切な思い出

私の実家では、私が子どもの頃からペットを飼っていました。
亀や金魚、夏にはクワガタやカブトムシなどの昆虫を飼育したりもしていましたが、中でも思い出に残っているのがラブラドール・レトリーバーと共に過ごした18年間です。

我が家では、私が生まれたのと同じ年にラブラドール・レトリーバーをペットとして飼い始めました。真っ黒なラブラドール・レトリーバーで、名前は「クロ」と父親が名付けました。

私と同い年ということもあり、私は子どもの頃からクロと大の仲良しで、幼稚園に入園した頃から毎日朝と夕方の散歩に一緒に付いてまわるようになりました。
走るのが大好きな犬だったので、私ではリードを持っていかれてしまうため父親が一緒じゃないと散歩に出掛けられないのが悔しいかったですね。ドッグフード 評判

クロを家の中に入れると両親に怒られましたが、時々シャンプーをするためにお風呂に一緒に入る事もありそれがすごく楽しみで、子どもながらに「早くシャンプーしないの?」と両親に急かしていたのを覚えていますね。

小学校の高学年になる頃からは、私一人でもクロを散歩できるようになったので、寄り道を楽しんだりしながら毎日散歩をしたのは良い思い出になっています。

そんなクロも、私が高校を卒業する年に老衰のために他界してしまいました。
段々と弱っていくクロを見るのはとても辛いことでしたが、眠るように穏やかに他界したのを見届けた時には、涙が止まらなくなり一晩中泣いていました。

今では、クロと過ごした時間は良い思い出になっていますし、自分の子どもにもペットを通じて命の大切さを学んで欲しいと思っています。